ビルベリー ブルーベリー 成分 効果 違い

ビルベリーとブルーベリーの成分、効果の違い

ビルベリー ブルーベリー 違い

 

ビルベリーとブルーベリー、名前は聞いたことがあると思いますが、同じ目によいサプメントです。どう違うかというと、両方ともアントシニアニンという成分が入っているのですが、ビルベリーの方がアントシニアニンがブルーベリーより多いと言われています。普通のブルーベリーにアントシニアニン100グラムあたり90mg入っているのに対して、ビルベリーは370〜460mgの約4〜5倍入っています。

 

この2つの効果の違いはあるのかと言うと、ビルベリーとブルーベリーは目の疲労、疲れ目の改善、白内障や緑内障の予防に効果的になります。
ビルベリーに含まれるアントシアニンには眼病の治療薬にまで使われるほどなので、ブルーベリーと比べると数倍成分がより高いといえますので、ブルーベリーのサプリメントをつかってみても効果があまり期待できなかったと言う人はビルベリーを試してみるとよいと思います。
さらにビルベリーにはコラーゲンを強化する作用や血管の老化や循環障害を改善する効果もあります。また嬉しいのにはビルベリーは長い年月ジャムやゼリーや生で食べられてきた果実なので副作用もなく安全性の高いものとされていますので、安心して服用できます。

 

ブルーベリーで物足りない人はビルベルーの高い効果で試してみましょう

ビルベリー ブルーベリー 違い

日本ではブルーベリーはジャムや食用としても多く使われていています。ブルーベリーも昔から目によいとされていて、現代人は仕事や遊びの中でも常にスマホや携帯を日常で使う人が多くなっています。そういう人たちの目の疲労や疲れの予防にブルーベリーは使うとよいと思います。ビルベリーはサプリメントとして使われていることが多く、ビルベリーに多く含まれているアントシニアニンは目の血の流れをよくし、毛細血管を保護する働きもあるので、糖尿病の人が合併してなる視力の低下などにも効果的といわているので高齢者などにはおすすめになります。

 

ブルーベリーでは物足りない、より効果の高い実感が欲しい人向けにビルベリーはおすすめになります。ビルベリーの効果的なとりかたは、サプリメントでとる場合は1日にとる量でアントシアニンを25パーセント以上含む、ビルベリーエキスを120〜250mgとれるものを選び、それと同時にルテインが入っているものだと相乗効果でより働きがよくなります。ビルベリーに入っているアントシニアニンが活発になることで、目の疲れもとれ視野が広がり、夜でも暗闇に目が慣れるのが早くなります。
最近、視力が弱ってきた人は是非一度試してみるとよいと思います。

 

えんきんなどのサプリでも摂取できます。